中尾山高原キャンプ場は標高1000m!最高の解放感を楽しんできました【高規格・避暑地】

9+

こんにちは!最近少しだけ涼しくなってきて、とっても元気なシマちゃんです。

今回は、ネットで検索してもあまり情報が出てこなかった、謎につつまれた避暑地の高規格キャンプ場!!中尾山高原キャンプ場に行ってきました。

他のブログ等ではイマイチな評判もありましたが、行ってみたらとても居心地が良かったです!

それでは早速ご紹介していきます!

このキャンプ場のポイント

・徳島県美馬市にある高規格キャンプ場の一つ

・標高1000メートルなので涼しい

・オートサイトには電源もあり

・アスレチック、公園、体育館やグラススキー場などの総合施設

・ファミリーはもちろんソロ・デュオ等幅広く楽しめる

※この記事は2020年8月17日に訪れた情報を元にしています。現在の情報と異なる場合があります。必要に応じて管理先にお問い合わせください。

中尾山と書いて…

中尾山は『なかおやま』ではなく『なこやま』と読むそうです!!

行くまでずっと、なかおやまと思っていました!

日本語って難しいよねー。

こちらのキャンプ場は、実は標高が1,000 mあり、夏でも心地よく過ごすことが出来ます。

意外とネットに情報がないのですが、遊び場も多く高規格なキャンプ場なんです。

オートサイトとフリーサイトの2種類

オートサイト・全9区画 各サイトに水道シンク、かまど、電源付き!

オートサイト

サイトは草混じりの芝生で、車の横付けが可能です。

ただ、普通の区画サイトより少し狭いので大型幕の2ルームテント等は厳しいと思います。

当日に大型テント(カマボコテントかな?)を斜めに設営して、どうにかテントをサイト内に張っている方を目撃しましたが、かなり狭そうでした。

ちょっと広めの区画もありましたが、週末や繁忙期の区画指定は難しいかもしれません。

広くキャンプサイトを使いたい場合は、次にご紹介するフリーサイトがおすすめです!!

フリーサイト・2ヶ所 テニスコート隣と体育館隣

テニスコート隣

テニスコートの隣にあるフリーサイトは、木に囲まれた木陰のあるサイトです。そこそこ広さもあります。

下はグランドっぽい土と草ですが、大型テントなどはこちらがいいかもしれません。10張くらいは設営できそう。

時間帯によっては、木陰もあってとても良い感じです。

サイトの端には、水道とシンクもあり便利そうです。

体育館隣フリーサイト

体育館隣のフリーサイトは、ザ・広場!といった感じでとても広々!!大型テント20張くらいは余裕で張れそうな広さ。

グルキャンの方にはこちらがいいかもしれませんね。

前が開けていて、見晴らしもとても良いです。

水道とシンクも、サイトの端に数カ所あるので、どこを拠点にしても不便さは感じないかと思います。

ただ、日陰がないのと風が抜けやすいので、そこだけ注意かも。

地面が固く、ペグがちょっと刺さりにくかったので、鍛造ペグで臨みましょう!

気になる夏の気温は…

当日の自宅周辺の気温はなんと39℃。本当に激アツ・・・サウナ状態、シマちゃんもヤキブリも干からびてカラカラ。

ところが中尾山高原は、日中は30℃超えていたものの夕飯時には25℃くらいまで低下!!最高に快適に寝ることができました!

夜の気温!すずしい

とっても涼しくてふっふーん♪って感じ!

中尾山キャンプ場の設備

この中尾山高原キャンプ場。とにかく広い!!ゆっくり歩いてみて回ると1時間近くかかるかも。

受け付けに行くと園内マップももらえますので、ぜひ活用してみてください。

全体的に少し古めではありますが、敷地内もとても広いので、お散歩するもよし!探検するもよし!飽きずに過ごすことができそうです。ここまでいろいろあるキャンプ場も珍しいのではないでしょうか。

トイレ 炊事棟 

トイレも炊事棟も綺麗に掃除されていて、虫などもほとんどお亡くなりになっていませんでした。

炊事棟

シャワー

シャワー設備ですが、しっかりとした建物で中には休憩スペースまでありました!おどろき!

シャワー棟
休憩スペース
コインシャワーの使用方法
綺麗なシャワー室

売店

受付 兼 売店

受付もこちらで。

ちょっとしたカップラーメンやお菓子、薪なども売ってます。

キャンプやコテージとは別に、平成荘にも宿泊することができます。

レストラン

お昼だけですが、ランチ営業もされているみたいです。とんかつ定食たべたい。

コテージとバンガロー

コテージやバンガローも複数ありますので、春や秋などの寒い時期にも快適に宿泊できます。

薪ストーブもついてるみたいなので、とても暖かそうですね。

コテージ

アスレチック グラススキー場など

中尾山高原キャンプ場は遊ぶ設備もかなり充実しています!!お子様連れのファミリーにはとっても嬉しい条件ですね。

遊具
アスレチック

ただ奥の方にあったアスレチックなんかはかなり古かったので、遊ぶことが出来るのか?といった感じでした。

グラススキー場
ちびっ子ゲレンデ

大人用のグラススキー場と、子供用のちびっこゲレンデがあります。

シマちゃんはグラススキー、したことないので次回は挑戦してみたいなと思いました。

中にも入れる茅葺き家

そして謎の?かやぶき屋根登場。もとはなにかの展示施設だったのでしょうか?

この時確認した感じでは、あまり使用はされてなさそうでした。

大きな池にたくさん鯉が泳いでいました

こんなところで!魚類に出会えるなんて!!
それだけでもうブリは満足だよねー♪

キャンプ場の基本情報

基本情報

アクセス

中尾山高原までの道は、いかにも四国の山道といった感じ。細い道も多いので、それなりに注意しながら進みましょう。

また、徳島県の神山・穴吹方面から行くのがおすすめ。貞光・つるぎ町方面から行くのはかなり険しくお勧めしません。

祖谷方面から行く道は、いけなくはないですが落石が多いようです。気を付けていってきてくださいね。(今回シマちゃんたちは祖谷観光をしてから向かったので、こちらを選択しました!)

この付近の山道は注意しないとアワワワワ!な林道があることも。少しでも道が怪しくなったら引き返そうね!

予約とチェックイン・アウト時間

チェックインは15:00から。チェックアウトは10:00です。

チェックアウトがやや早めですので、それは少し残念かも。

料金

その他の料金(レジャー、レンタル品、コテージ等)の詳細はこちら☟をご参照ください。

中尾山高原施設料金表

焚火について

直火は不可です。焚き過ぎによる芝へのダメージにも注意しよう。

楽しくってもほどほどが大切だよね!

ゴミ・炭の処理

すべて持ち帰りです。来た時よりも美しく!

近くの温泉・お店

近くにスーパーなし

行く途中にもスーパーらしき店はなかったので、買い忘れのないように注意しましょう。

キャンプ場の受付には簡単なラーメンやおやつ等はありました。

近くの温泉

『つるぎの湯大桜』という温泉が片道約35分くらいの場所にあります。

入り行くか、シャワーにするか悩む距離ですねー・・・。

シマちゃんとヤキブリの感想

中尾山高原キャンプ場、隠れた避暑地!!という印象で、お気に入りの一つになりました。

今回シマちゃんたちは広々としたグラウンドのフリーサイトをキャンプ地としましたが、これが正解。

かなり居心地よく過ごすことが出来ましたよ!

ただ、後ほど書きますが・・・アブーーーが・・・。

でも!!アブーの対処法を編み出したので、そちらをご紹介しますね!!

どうしてもこの時期はアブさんがいるよね!いったいどこから現れているのやら・・・。

おまけ・シマちゃん的虫レベル

【8月中旬】

★★★★★
★★★★★

かなりの数のアブに襲われました!車の外はうじゃうじゃ。

ただ!今回シマちゃんたちは、良きアイテムを見つけましたよ。というか、皆さんおなじみのやつ。

『殺虫スプレー』!!さすがのアース製薬さん。感謝感謝。

アブに効くとかは書いていなかったので、ダメ元で噴射してみたのですが、死にはしないもののすごい勢いで去っていきます。数プッシュで、車の周りにうじゃっていたアブが退却していきました。(無事にシマちゃんも下車できました)

ただ、アブは種類がとても多く、効き目がないものもいるかもしれないので、お試しになる場合は自己責任で・・・お願いします・・・。

皆さんの夏キャンからアブの脅威が少しでも減りますように★

おしまいっ >゜)))彡

9+